トーヨー防水工業会は、ゴム・ウレタン素材を中心とした防水システムで、建設防水業界の発展に寄与します。
HOME > 製品案内 > トーヨーケミルーフ > 概要

トーヨーケミルーフ

FRP(繊維強化プラスチックス)の優れた特性を
FRP防水材
FRPの優れた強靱性を有した建築防水システム

FRPとは繊維強化プラスチックス(Fiber Reinforced Plastics)の略称で、代表的な複合材料のひとつです。複合材料は異質な2種類以上の材料を組み合わせることにより、素材よりも優れた特性を有します。RC造に用いられる鉄筋コンクリートが骨材と鉄筋でセメントやコンクリートを強化されているのと同様に、FRPは合成樹脂を補強材(無機のガラス繊維)で強化したもので、複合材料としての優れた特質を持っています。
FRPはプラスチックス材料の中で耐衝撃性に強く、耐水性や成形性が良いため、ボート、自動車のボディパーツ、高架水槽、浄化槽、バスタブ、波板、ヘルメット等の成型品として幅広く利用されています。

「FRP防水」はFRPが持つ特性を活かし、防水専用の弾性不飽和ポリエステル樹脂とガラス繊維から成り立ち、母材となるコンクリート表面を水や腐食等の各種の外的要因から保護する工法です。