トーヨー防水工業会は、東洋ゴムブランドの化工品商品の販売および技術の向上と、建設防水業界全体の発展に寄与します。
HOME > 製品案内 > トーヨーメカシート > 特長

トーヨーメカシート

特長

トーヨーメカシート5つの保全



環境保全

トーヨーメカシートは、その成分に塩素を含まないため、理論的にダイオキシンが発生しません。
また、環境ホルモンの原因となる物質も含みません。
産業廃棄物処分場の埋立地の遮水工事としても使用されている本素材は、物質的に安定しており、環境汚染の心配がありません。


物性保全

トーヨーメカシートは、合成ゴム(EPDM)を主成分としています。耐久性は防水材料の中では群を抜き、素材単体ではその寿命は半永久的です。可塑剤が揮発して物性が低下したり柔軟性が低下する恐れもありません。


品質保全

トーヨーメカシートは、工場で生産された防水シートのため、軽量で均質な厚みを確保しています。機械的固定工法の場合は、エアツールを利用することによって、施工のバラツキが少なく、施工能率も向上します。
電磁誘導加熱方式は、固定金具の均等割付ができ、風圧力に対してより安定します。


下地保全

トーヨーメカシートは、機械的固定工法、接着工法の両方式から下地の状態に応じて最適な工法を選択する事ができます。改修工事の場合はかぶせ工法が標準となり、廃材の発生が少なくなります。
機械的固定工法の場合は、面倒な下地処理を必要とせず、湿潤状態での施工もできます。改修工事やデッキプレート下地で問題となる躯体残留水分による防水層のフクレの心配からも解放されます。


建物保全

トーヨーメカシートは、芯材に繊維補強材をサンドイッチ加工したタイプのため、鳥害防止に効果があります。引張強さ、伸び特性が大きく、亀裂追従性、繰返し伸縮性などに優れているので、下地の挙動変化の影響を受けにくく、さまざまな屋根に対応できます。断熱機能を追加することもできるので、省エネとしても役立ち、建物の資産価値を長期にわたって維持します。